保護者失格。一線を越えた夜の詳細

保護者失格。一線を越えた夜

保護者失格。一線を越えた夜

著者

つきのおまめ著

出版社
Wコミックス
配信
103話配信中

保護者失格。一線を越えた夜のあらすじ

「叔父さん…私、もう子供じゃないよ…」裸の姪とお風呂で絡め合う舌。叔父の繊細で長い指が丁寧に弄ると、激しく濡れ出す下半身。子供だと思っていた姪は、いつの間にか大人の身体、女の表情になっていた…。8歳の時に両親に先立たれたちづるは、それ以来、叔父に引き取られ2人きりの家族として生きてきた。けれど、ちづるがハタチになった夜をきっかけに、その関係は崩れ出して…。

保護者失格。一線を越えた夜をスマートフォン、フィーチャーフォンで読む

スマートフォン用QRコード

スマートフォンで読む

フィーチャーフォン用QRコード

フィーチャーフォンで読む

保護者失格。一線を越えた夜をソーシャルメディアで共有

© Wコミックス  © つきのおまめ