薫りの継承の詳細

薫りの継承

著者

中村明日美子

出版社
リブレ
配信
2巻配信中

薫りの継承のあらすじ

比良木忍は兄といっても、血の繋がりはない。義理の兄だ。竹蔵は後妻の連れ子として、比良木家に迎えられた。兄はいつも冷たく汚物のように、竹蔵を見下す。深い嫌悪と憎悪に満ちた射殺すような視線。毎日毎時毎秒、兄に殺され続けていた。竹蔵は兄に欲情していた。ある晩、竹蔵は正体を偽って兄の寝室に忍んだ。義姉の香水を身につけ、兄の目を覆い隠す。そして、己の欲望の猛るままに兄の体を貫いた……。義理の兄弟、禁断の愛と確執を描いた衝撃作。

※『薫りの継承【上下巻セット・単行本未収録イラスト付】』も配信中です。重複購入にご注意ください。

薫りの継承をスマートフォン、フィーチャーフォンで読む

スマートフォンで読む

フィーチャーフォンで読む

薫りの継承をソーシャルメディアで共有

© リブレ  © 中村明日美子