38℃のキス〜真夏の午後、クーラーが壊れた部屋で…の詳細

38℃のキス〜真夏の午後、クーラーが壊れた部屋で…

38℃のキス〜真夏の午後、クーラーが壊れた部屋で…

著者

宮越和草

出版社
スクリーモ
配信
13巻配信中

38℃のキス〜真夏の午後、クーラーが壊れた部屋で…のあらすじ

「そんな顔されると…止まれないよ」暑さで意識が朦朧として…滴る汗と熱い舌遣いに全身がトロけるように…イク――最高気温38℃の酷暑日に、家のエアコンが壊れた弥生。急いで業者を呼ぶと、やってきたのはなんと年下の幼馴染・玲くん!成長した彼はガタイのいい頼もしい男になっていた。2人きりの密室にこもる熱。妙に意識してしまっていると、躓き足を滑らせて玲くんを押し倒してしまい――「俺、もう限界…」誘うような熱いキスと汗のにおいにくらくらする弥生。太い指でイイところを弄られると、溢れるのが止められなくて…。

38℃のキス〜真夏の午後、クーラーが壊れた部屋で…をスマートフォン、フィーチャーフォンで読む

スマートフォン用QRコード

スマートフォンで読む

フィーチャーフォン用QRコード

フィーチャーフォンで読む

38℃のキス〜真夏の午後、クーラーが壊れた部屋で…をソーシャルメディアで共有

© スクリーモ  © 宮越和草