母性の失落〜無戸籍児童の消えゆく声の詳細

母性の失落〜無戸籍児童の消えゆく声

母性の失落〜無戸籍児童の消えゆく声

著者

さくらまこ

出版社
グループH
配信
15巻配信中

母性の失落〜無戸籍児童の消えゆく声のあらすじ

「あんたなんて死ねばいいのに…」誰にも存在を認められない子は、育児放棄され虐待を受けてもなお、母の帰りを待つしかない…。お笑い芸人を目指す真嶋は実家を飛び出し、事故物件とも思える安アパートで一人暮らしを始めた。安いだけあって、隣の部屋はゴミ屋敷、周囲の生活音は全て丸聞こえという最悪な環境!ある朝、住人は外出したはずの隣の部屋からトビラをたたく音が…不審に思った真嶋が窓を見上げると、そこには小さな女の子の姿が見えた。しかし、アパートの住人や管理人も『子供なんて居ない』と口を揃える。成り行きで隣の部屋に立ち入る事になり、その子と遂に対面。名前を聞くと信じられない言葉が飛び出し…!?

母性の失落〜無戸籍児童の消えゆく声をスマートフォン、フィーチャーフォンで読む

スマートフォン用QRコード

スマートフォンで読む

フィーチャーフォン用QRコード

フィーチャーフォンで読む

母性の失落〜無戸籍児童の消えゆく声をソーシャルメディアで共有

© グループH  © さくらまこ